あなたの想いを形にします。
クイックサインズ安城店  必要な量だけオーダー出来る!! 小ロットのエキスパート! 

カッティングステッカーの貼り方
一人では貼らないで下さいね。
慣れた方に手伝ってもらうのがBESTです。
貼り付け作業の適温は
15度〜25度
気温が低いと接着力が低下します。
暖かい所での作業をお勧めします。
ドライヤー等で適温に温めてから十分に圧着して下さい。
また、気温の低い時は、水貼りは避けて下さい。
気温が高いと接着力が増し作業がしづらくなります。
朝、夕の気温の低いとき、日影などで作業して下さい。
下地処理は大切です。
ホコリ、ゴミ、油分、サビなどは、必ず取り除いて下さい。
ガラスに油膜等が付いていると剥がれやすいです。
ガラスに撥水コートがしてあると張り付きません。
カー用品店等に、強力油膜取りが有ると思います。
スプレーなどではなく、スポンジ等が付いていて
ゴシゴシ?こすって磨くコンパウンドタイプの物です。
発泡体、ベニヤ板、コンクリート、モルタル、布地等
粗面の素材には十分な接着力が得られません。

ポリエチレン、シリコン塗装、フッ素塗装等
接着力が弱くなります。

最初の位置合わせが重要です。

正確に位置を合わせます。

ちょっと、離れて見て確かめると良いです。

テープ等で仮止めします。

スキージ等で上からこすって下さい。

台紙から剥がし易くなります。

裏の台紙の端を一部分だけ切り取ります。

台紙を切り取った部分を始めに貼り付けます。

これで、位置は決まりますので

仮止めのテープ等を取ります。

台紙をゆっくりと剥がしながら、スキージ等で
圧着します。台紙を剥がしてから貼るのでは
なく剥がしながら圧着して下さい。

この時、透明のフィルムの方に文字が付いて
行くように、ゆっくりと注意して台紙を
剥がして下さい。
台紙の方を曲げるように剥がすと
剥がし易いです。

この作業は2人で行う事をお勧めします。
1人よりも楽で、失敗も少なくなります。

スキージ等で繰り返し圧着してから
透明のフィルムをゆっくりと剥がします。

慎重にゆっくりと落ち着いて作業して下さい。

貼り付けたシートに気泡が出来た場合は
気泡の端部にカッターナイフで穴をあけ
空気を押し出した後圧着して下さい。

風の強い時には作業はしないで下さい。
風にあおられると失敗します。

高水圧洗車等は水圧により端面から
剥がれるおそれがありますので
避けて下さい。

カッティングステッカーは約24時間で
接着力が安定してきます。
安定するまで洗車等は避けて下さい。

このマシンはボディーもカッティングシートで

ラッピングして有ります。

SUZUKA CIRCUIT F4 2003

野田選手

カッティング切文字
オリジナルステッカー
カラーデザイン名刺
オリジナルTシャツ
ミニのぼり
オリジナルスタンプ